紹介予定派遣とは About Temp to Perm

紹介予定派遣のしくみと特徴

紹介予定派遣は一度派遣として就業することで、実際の業務を通じて、職場環境や雰囲気、人間関係、業務内容等が確認できます。
飲食業界は離職率が高く、厚生労働省の発表*によると大卒就職者が就職後3年以内に離職した割合は、「宿泊業・飲食サービス業」が全業種の中で最も高く49.7%となっています。高卒就職者の場合は63.2%と、さらに高い割合となります。
企業とのミスマッチを防ぎ、定着がしやすい働き方として、紹介予定派遣での就職が注目されつつあります。

新規学卒就職者の離職状況(平成27年3月卒業者の状況)

派遣・正社員との違い

派遣との違い

  1. ①正社員となることが原則前提となっている。紹介予定派遣は通常の派遣での働き方とは異なり、派遣先企業と本人の同意があれば、派遣期間の後に派遣先の企業と直接雇用を結ぶことを前提にした働き方です。
  2. ②紹介予定派遣契約における派遣期間の制限について派遣先が講ずべき措置に関する指針では、6カ月が上限となります。
  3. ③派遣就業開始前の面接や履歴書の送付について紹介予定派遣の場合は、企業側に派遣就業前の面接及び履歴書送付が認められているため、派遣として就業する前に、職務を遂行するために必要とされる派遣労働者の適性、能力、経験、技能を見極めることを目的に、面接や履歴書の送付を求められる場合があります。

正社員との違い

  1. ①試用期間はない。紹介予定派遣から正社員としての直接雇用に切り替える場合、直接雇用後の試用期間を設けることはできません。 (労働者派遣事業関係業務取扱要領、派遣先の講ずべき措置等より)
  2. ②実際にその職場で働きながら適性を確認できます。派遣期間中に実際に一定期間その企業で働きながら、職場の雰囲気や人間関係、具体的な業務内容等を確認することができるため、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

飲食店における人材紹介の事例

Thumbnail

「本当にやりたいこと」を見つけられた転職

30歳 男性 居酒屋を複数運営する企業へ転職

就職活動を始めた当初は、興味本位でフレンチのお店を探していました。
しかし、キャリアプランナーの方と面談で将来のビジョンを考えていく中で、 実は「料理よりも経営を学びたい」と自分が思っていることに気づきました。 そこで、早い段階から店舗運営に携われる、居酒屋業態の会社に就職しました。
2ヶ月のお試し期間で優秀な先輩社員の方々と交流し、「自分の学びたいことが学べる」と感じたことで、安心して入社を決めることができました。

現在は、店舗だけでなく社長や会社を支える立場へポジションアップしています。
自分では気づけなかった「やりたいこと」を発見してもらえたから、今の自分があると思っています!

Keyvisual

飲食業界でのキャリアアップを目指すなら

シンクロ・キャリアの人材紹介

飲食業界でのキャリアアップを後押し

当社で扱う人材紹介求人の特長

1000を超える求人数

様々な就職のニーズにお応えできるよう、飲食業界のあらゆる業態、職種の求人を揃えています。給与や休日、キャリアについてのご相談、ご要望も伺います。

業界経験者がサポート

キャリアプランナーは全員、飲食業界の経験者。仕事内容への理解も深いため、安心してご相談いただけます。あなたの希望をヒアリングし、ベストな仕事をご紹介します。

定着率実績、86.4%!

当社経由で就職された方々の定着率は86.4%。ゴールを「入社」ではなく「定着」と考え、本当に合うお仕事探しをサポートしています。

まずは相談からでもOK!

1営業日以内に担当スタッフより連絡(電話orメール)し、ご要望やお悩みをヒアリングさせていただきます。お住いの地域・希望条件通りの求人を探してもらいたい方も飲食業界に精通した専門のキャリアプランナーより紹介させていただきますので、以下よりお問い合わせください。